実家で飼ってた犬

チビ/柴犬雑種メス・17歳

2003年12月22日老衰の為死亡


以下は以前書いた文章です。


犬を飼って14年も経ちました。

実は私は結婚を機に集合住宅に住んでいるので

近所の実家で飼っているのを、たまに散歩させてもらってます。

でも以前は寝起きを共にした仲ですので

犬好きの例に洩れず、わが子同様に愛おしいと思っております。

この度、せっかく写真も載せたことですし

14年という歳月の重みをしみじみと感じまして

ありきたりですが、「うちの犬」

という題で散文詩を作ってみました。

私が常日頃、うちの犬に対して抱いている熱い思い

伝わっていただけたら幸いです

―2001.6.9―


「うちの犬」

うちの犬は

一所懸命に吠える

一所懸命に哭く

一所懸命にすりよって来る

一所懸命に待つ

一所懸命に食べる

一所懸命に走る

一所懸命に何かを探す

一所懸命に匂いを嗅ぐ

一所懸命におしっこする

一所懸命にうんこもする

振り向かないで前進する

うちの犬は一所懸命に散歩する

でも、それ以外はだらだら寝てる