秘蔵「オリジナルドラえもんグッズ」大公開!


皆さんは「ドラえもん」をもちろんよくご存知のことと思います。

そこで今回、以前私の母(62歳)が作った秘蔵の(世界にたった1個しかない)

「オリジナルドラえもん&ドラミちゃんグッズ」をご紹介いたします。

その前に先ず母の作品を見てみましょう。

左がサンタをイメージしたもので、右はをイメージしたものです。

二つでクリスマスをイメージしています。

これは手毬(てまり)といって、丸い芯に糸をぐるぐる巻き付けて作るものだそうです

(大きさは色々ですが、この場合は直径12〜3センチ)。

何年か前から趣味で何個も作っているのだそうです(こういうものを作る教室があるんですね)。

身内ながら、なかなかよく出来ていると思います。

置き物として売りに出してもいいくらいですね。

そんな母(62歳)が私と妻の為に「ドラえもん&ドラミちゃん」の手毬を作ってくれました。

なんでも、私が漫画を描いているから漫画のキャラクターで作ってみたかったそうです。

どうせ作るのなら、「ドラえもん&ドラミちゃん」を選んだというのは

歳の割になかなか現代的なセンスを持っています。

世界的に知られているニッポンを代表するキャラクターなので、年輩の方でもほとんど知らない人はいませんから。手塚氏の「鉄腕アトム」などももちろん有名ですが、母にとっては「ドラえもん&ドラミちゃん」だったようです。

それでは私の母(62歳)が、かわいい息子夫婦のために作ってくれたという作品を御覧下さい。

あ、間違えました。これはさっきのものですね。

すみませんでした。

では、もう一度、みんなが知っている「ドラえもん&ドラミちゃん」を頭にしかと思い浮かべて以下の作品を御覧下さいませ。

左はまあいいとして、右を拡大してみましょう

「可愛く出来たから是非飾っといてね」と母に言われてもらいましたが、

ずっと押し入れにしまったままになっていました。

今回、写真を撮る為に出しましたが、

やっぱりうなされそうなので、撮ってすぐ押し入れにしまい込みました。

ちなみに母はたぶん、「藤子不二雄」は「ジェリー藤尾」の親戚くらいに思っていて、

「プリクラ」と「テレクラ」の違いが分からないような下町の平凡な一主婦です。

2001年7月


この企画は私がたまに遊びに行くサイトtadihanmotorさんからヒントを得て製作しました。管理人のシゲさん、ありがとうございました(^_^)