―夏休み終了間際特別企画―

漫画の更新をすっかりサボっている罪滅ぼしに今回は特別企画をお届けします

コマックの

「びっくり仙台旅行記」

第3部

「画伯に描いてもらった4コマ漫画」


「え?」

「まぶろ?」

「誰?そんな人知らないよぉ、興味ないなぁ〜」

って方は以下を見てもつまらないかも知れません…

ここでこちらから退出をお薦めします。

「へぇ〜、知らないけど、どんな人なんだろ?興味あるよ」

って方は

チラっとこちらを…

「おお、あのまぶろ氏ではないか!!」

という方、大変お待たせしました。

どうぞ下にお進みくださいませ。

青葉城(仙台城)跡にて

今までお城があると思ってたんですが、城跡だけでした。

でも、ここからの眺めは抜群で「伊達政宗もここから仙台の街を見下ろしてたのか」

と思うと、ほんの少し殿様になったような気分を味わえました。

そして、ここで初めて本場の「ずんだ餅」を食べましたが、

これは本当のずんだじゃない!、

ごめんなさい、ずんだは本当はもっと美味しいんですよ、

うちで作るずんだの方が数倍美味しいです」とまぶろ氏。

私的には十分美味しかったんですが、

ずんだに対する仙台人の目は厳しく、そんなにまで思いは深いものなのか…』と感心してしまいました。

東京で言えば「もんじゃ焼き」みたいなもんなのだろうか。

余談ながら、このあいだ神奈川県でもんじゃ食べたんですが、

これは本当のもんじゃじゃない!!うちで作るもんじゃの方が数倍美味しい!』

と思ったのと同じ気持ちなのだろう…

広瀬川のほとりにて

青葉城跡を出る時に「広瀬川を近くで見たい」とお願いしたところ、

「自分もこの辺はよく知らないけど、行ってみましょう」ってことになりました。

しかし、青葉城跡から広瀬川はかなり近いにもかかわらず

なかなか川原に出ることは出来ません。

「う〜ん、たぶんこっちの方だと思うんだけどなぁ…、なかなか見えませんね…」

申し訳なさそうに言うまぶろ氏。

私は「ちぇ、せっかくここまで来たのに残念だなぁ」

とは言わない(←司馬遼太郎風)。

「いえ、でもここ、川見えなくても結構いいですよ〜」

「100万都市仙台の中心地近くにこんないいとこがあるのかぁ〜!」

と驚かされるほど自然豊かな場所でした

帰ってから調べてみると、

歩きまわったのは「青葉山公園庭球場」の近くだった

ということがわかりました(仙台駅前繁華街からでも車でほんの10分くらいの所)。

いわゆる広瀬川はほんの少し垣間見た程度でしたが、

代わりにこんなせせらぎを見ることが出来ました。

「自分も仙台にこんないいところがあったなんて知らなかったなぁ」

とまぶろ氏も感心するほどでした。

(ちなみに上の3枚の風景写真はまぶろ氏の奥様からいただいたものです。ありがとうございました)

長井勝一漫画美術館にて

仙台市の東隣の塩竈(しおがま)市にある、

知る人ぞ知る知らない人は全く知らない長井勝一氏の記念館に連れていってもらいました。

石巻まで行けば

石の森章太郎氏の超近代的なミュージアム「石の森萬画館」、

さらに里中満智子ちばてつや氏がデザインしたというロッジのある巨大な島「マンガアイランド

などがあるらしいのですが、

ここ塩竈市には

塩竈市出身の氏を偲んで建てられたという「長井勝一漫画美術館」があります。

美術館と言っても

図書館やイベントホールなどが集まった複合施設の中の片隅にひっそりとある学校の教室程度の空間でしたけどね…(T_T

タンスに付いてるような引き出しを引くと『ガロ』漫画家の原画が見れるようになっていました。

ただ、まぶろ氏いわく…

「これじゃ、原画があるって気づかないですよね。引き出しを引いて原画見てる人を自分以外に今まで見たことないし…」

今思うと、ただでさえこんな所に美術館があるのかという認知度の低さに加えて

さらに見てもらう機会を失われてる原画がちよっと可哀想でした…。

仙台に行く機会のある方は塩竈まで足を延ばして

是非「長井勝一漫画美術館」に行き、

この引き出しを引いてあげてください。

さて、

そんなこんなで

今回の旅行記もいよいよ終りに近づいてまいりました。

まぶろ氏直筆の作品

はいはい、分かってますよ〜

じゃ、お約束通りアップでご覧いただきましょうね〜

…と言いつつ

ごめんなさい。

ちょっと不安になってしまいました…

描いていただいた漫画はもちろんフィクションなんですが

(広瀬川のほとりは確かにいい所でしたけどね)、

私が本当に漫画のような行動をとったのではないかと誤解する人もいるんじゃないか!?

との不安にかられてしまいました。

一応断っておきますが、私はこれからお見せする漫画のようなことはしていません、

念のため。

決してしてませんよ。

あんな行動を取るような人物に見えたんでしょうか?

全く、もう!

ぷんぷんっ

それにしても、初対面だったというのに鋭い洞察力です…(^_^;)

それでは

まぶろ氏に描いていただいた漫画を見ていただき、

今回の旅行記はこれで終りとしましょう。

では、皆さん

ごきげんよう、

またの更新をお楽しみに〜

第3部

「画伯に描いてもらった4コマ漫画」


と言いつつ、最後の最後におまけです。


コマックの

「びっくり仙台旅行記」